紹介してもらえる仕事数の差

派遣ウォーカー
紹介してもらえる仕事数の差
登録後、お仕事をたくさん紹介される人とそうでない人がどうしても出てきますが、その差はどういった事が原因となっているのでしょう。

スキルがある方は、比較的お仕事を紹介されやすいですが、人の話を最後まで聞く事ができない、言葉遣いに問題がる方などのコミュニケーション能力に問題がある方は不安になるため、紹介されにくくなります。

人の目を見て明るい返事のでき、質問の意図をとらえて答える事ができる、敬語が使えて、約束を守れる、ビジネスマナーを心得ているなどといった方は、紹介されるお仕事も多くなります。

また、何でもやりますなどと面接時に答えると、明確な基準がないので、紹介する派遣会社の方も迷ってしまいます。

やりたい仕事内容や職種に具体的な希望があり、実際にその職種の経験があるか、自分のスキルや経験を正しく認識できていて、希望とスキルにギャップがない方の方が紹介されるお仕事は多くなります。

紹介は、登録のタイミングも影響するようです。

派遣先企業は必要な時に必要なだけの労働力を求めているので、就業可能日が1ヶ月や半年も先という状況で登録しても、その時に紹介できる仕事があるとは限りません。

紹介が増えるのは、即日就業可能な状態、または就業可能日から1週間、もしくは2週間位前の登録ということになります。